双子の出産祝いプレゼント

出産祝いを贈る相手が双子の赤ちゃんだった場合には、単純に2倍の金額の出産祝いを贈ると思われがちですが、一般的には、1.5人分を目安に出産祝いを贈る事が一般的となっております。これは、単純に2倍の金額の出産祝いを贈ってしまうと、相手の方の内祝いに負担をかけてしまう事に繋がってしまうからです。相手に負担をかけずに最大限のお祝いをしようと思ったら1.5倍くらいが相場になってくるのです。しかし、既に自分が出産する時に二人目以降も出産祝いを頂いているような場合には、二人分の出産祝いを贈って以前の感謝を伝えるという事でしたら問題ありません。

双子の出産祝いの場合には、ベビー服やおもちゃなどは、それぞれの赤ちゃんにいき渡るように2人分贈るのがマナーです。しかし、これにも例外があり、お母さんやお父さんに送るものや、2人で同時に使用しないようなものでしたら、1つでも問題ありません。同じように、出産祝いが双子のお子様ひとりずつに送るような場合には、梱包する袋は一つにまとめるのではなく、必ずそれぞれ分けて梱包する方が丁寧な印象を与えてくれます。細かいことだと思われるかも知れませんが、相手にとっては一生思い出に残る事になりますので、丁寧に分けて梱包するようにしてください。