双子の出産祝いプレゼント

出産祝いを贈る相手が双子の赤ちゃんだった場合には、単純に2倍の金額の出産祝いを贈ると思われがちですが、一般的には、1.5人分を目安に出産祝いを贈る事が一般的となっております。これは、単純に2倍の金額の出産祝いを贈ってしまうと、相手の方の内祝いに負担をかけてしまう事に繋がってしまうからです。相手に負担をかけずに最大限のお祝いをしようと思ったら1.5倍くらいが相場になってくるのです。しかし、既に自分が出産する時に二人目以降も出産祝いを頂いているような場合には、二人分の出産祝いを贈って以前の感謝を伝えるという事でしたら問題ありません。

双子の出産祝いの場合には、ベビー服やおもちゃなどは、それぞれの赤ちゃんにいき渡るように2人分贈るのがマナーです。しかし、これにも例外があり、お母さんやお父さんに送るものや、2人で同時に使用しないようなものでしたら、1つでも問題ありません。同じように、出産祝いが双子のお子様ひとりずつに送るような場合には、梱包する袋は一つにまとめるのではなく、必ずそれぞれ分けて梱包する方が丁寧な印象を与えてくれます。細かいことだと思われるかも知れませんが、相手にとっては一生思い出に残る事になりますので、丁寧に分けて梱包するようにしてください。


出産祝いのマナー

出産祝いを贈る際に注意しておきたいマナーの中でも特に重要視するのが、出産祝いを贈る時のマナーです。せっかく出産祝い自体が素晴らしい物だったとしても、渡す時のマナーが良く無ければすべてが台無しになってしまうからです。

出産祝いを渡す時に最初に気を付けたいのが、赤ちゃんに対する批判を言わない事です。赤ちゃんは無事に生まれて来てくれただけで尊いものです。例えば体重が少ない赤ちゃんも多い赤ちゃんもいますし、髪の毛の量が多い赤ちゃんも少ない赤ちゃんもいます。自分にとっては褒め言葉かも知れませんが、赤ちゃんを評価するような発言は絶対に避けてください。かわいい。ママに似ているというような定番の言葉でしたら問題ありませんが、捕えようによってはネガティブな発言になりかねない単語は避けるようにしてください。

また、お母さんをむやみやたらに励ますというような行為も避けるようにしてください。励まされると逆にプレッシャーを感じてしまう方もいます。特に産後は精神的に不安定になっている方もいらっしゃいますので、ねぎらいの言葉や、お祝いの言葉だけを伝えるようにするのがマナーになります。こっちはそんな気持ちが無くっても、相手の受け取り方がネガティブになってしまっているケースは多々ありますので、注意して出産祝いを渡してください。


出産祝いの相場と肌着

ベビー服、新生児の出産祝いを贈る時などは、出産祝いの相場を把握しておく必要があります。出産祝いの相場を知っておけば、出産祝いを贈るアイテムを値段で絞る事ができますし、相場よりもかけ離れたアイテムを購入しなくても済みます。また、あまりに高額な出産祝いを贈ってしまうと、相手の方に気を使わせてしまい、相手の負担にもなってしまいます。あまりに高額すぎてしまうと、お返しの内祝いにも影響がでてしまいますので、相場を知っておく事はとても重要になってくるのです。

相場としましては、兄弟や姉妹の出産祝いの場合いは、10,000円から30,000円が相場になっております。現金や商品券、ベビー服、おもちゃ、食器などが一般的となっております。親戚やいとこの方の出産祝いの場合には、3,000円から10,000円が相場となっており、会社の同僚の方や取引先などの会社関係の場合にも3,000円から10,000円となっております。友達や知り合いの方の場合には、5,000円から10,000円が相場になっておりますが、最近ではグループ内でまとめてお金を出し合って、ちょっと高価な物をひとつプレゼントするような事が一般的となっております。

相場を知っておけば、逆に安すぎる出産祝いを贈った時に、頂いた内祝いとの差に愕然とするかもしれません。その為、出産祝いのマナーなどをはじめ、出産祝いを購入する際に覚えておいて欲しい事が沢山有ります。そこでこちらのページでは、出産祝いを贈る際に注意しておいて欲しい内容をご紹介しますので、ぜひチェックしてください。