出産祝いのマナー

出産祝いを贈る際に注意しておきたいマナーの中でも特に重要視するのが、出産祝いを贈る時のマナーです。せっかく出産祝い自体が素晴らしい物だったとしても、渡す時のマナーが良く無ければすべてが台無しになってしまうからです。

出産祝いを渡す時に最初に気を付けたいのが、赤ちゃんに対する批判を言わない事です。赤ちゃんは無事に生まれて来てくれただけで尊いものです。例えば体重が少ない赤ちゃんも多い赤ちゃんもいますし、髪の毛の量が多い赤ちゃんも少ない赤ちゃんもいます。自分にとっては褒め言葉かも知れませんが、赤ちゃんを評価するような発言は絶対に避けてください。かわいい。ママに似ているというような定番の言葉でしたら問題ありませんが、捕えようによってはネガティブな発言になりかねない単語は避けるようにしてください。

また、お母さんをむやみやたらに励ますというような行為も避けるようにしてください。励まされると逆にプレッシャーを感じてしまう方もいます。特に産後は精神的に不安定になっている方もいらっしゃいますので、ねぎらいの言葉や、お祝いの言葉だけを伝えるようにするのがマナーになります。こっちはそんな気持ちが無くっても、相手の受け取り方がネガティブになってしまっているケースは多々ありますので、注意して出産祝いを渡してください。